スピリチュアル

許せないからこそ、手放しましょう

更新日:

四十五歳を過ぎた頃から、
「まっ、いいか」
と流すことができるようにもなりました。

それまでは些細な言葉ひとつで神経を揺るがし、
怒りの感情を野放しに出来ず、
「ちょっと、待ってよ。冗談じゃないわよ」ってことになり、
納得のいくまで追求していくことが日常茶飯事でした。

ikari

そんな性格ですから相手がお客様であろうと、そこの部分は譲れずに、
「お金を払えば、何をしてもいいって訳じゃないんだ」って具合に、客席で始まっちゃう。

しかも、私は声が大きい…。

一旦そうなると長くなることを知っているスタッフたちは、
「あぁ、やっちゃった…」の表情で、
何はともあれ謝りなさいのシグナルをお客様に送るのですが、
お酒も入っての男魂に火が点いて、論点は時間と共にずれていき、
相手が悪かったと言うまで続きます。

ある年の仕事収めに、来年の抱負をスタッフたちと話をしていて、
「私は、来年からお客様をキカセない(遣り込めない)」と誓った正月の二日に、
カウンター越しに大声が飛んでいました。

どうも怒りの基準というのがあるようで、
過去を振り返ってみると、
相手の行動や言動に、寸分でも「悪意」を感じた時なんだと分かります。

そこを追求すると、大抵はそんなつもりじゃないと言い訳をするのですが、
そんな口から出まかせが、私に通用すると思ってるのかと、
霊視との境界線が分からなくなるほどに、
更にエキサイトしていくことになります。

そんなこんなを随分と繰り返してきたある時に、
突然気が付いてしまったのです。

こんな大人になってまで、自分の言動に責任が持てない人間に、
心とは、魂はとかを熱弁したところで、
「昨日はママが悪酔いして絡まれちゃって、
帰ろうにも収まらなくて大変だったよー」なんてことになっていて、
時間差で疲れがどっと押し寄せ、
不毛この上なく気持ちが折れたのです。

結局、相手は何も感じてなどいなくて、
心を擦り抜けるどころか、
心の境域すら通ることはなく、
耳の機能さえ嘲笑うかのように、
リセットされているのです。

霊視鑑定のお申し込み内容にも、
様々な人間関係の感情によるものが多くありますが、

「許せない」
という怒りの感情は自分を雁字搦めにして、
忘れたいはずの場所に縛り付けてしまいます。

頭では分かってるのですがと殆どの方が言います。

しかしながら、頭で分かるということは、
逃れたいために頭の中で処理しようとして、
許せない言動や行動を何度も再現させてしまい、
結果的に記憶を定住させてしまっています。

私がこんなに苦しんでるのに、
あの人たちは嘲笑っているのだろう…。

こんな理不尽なことがあっていいはずはない。
絶対に許さない。

という流れになっていくのですが、
怒りの念が生霊として憑依してしまうことが稀にありますが、
その殆どは怒りの感情によって傷を負うのは、
自分自身です。

理論的、倫理的にことを図ろうとすると、
真理を見失ってしまいます。

何がどうであれ自分を苦しめた相手ならば、
一刻も早く自分の中から追い出してしまうことです。

怒りの感情から生まれるものが、
自分を幸福にすることは決してありません。

つまり言語の違う方々なのだと、
関わることを放棄した方が自分のスピリチュアル(魂)を守ることなのです。

それほど怒りまくってきたのかも知れませんが、
その境地に立つと肩の余分な力が抜けるようです。

今は「悪意」の言動や行動に対して、
「はぁ…」の溜息と共に、
私のスピリチュアル=「魂」まで入って来ないように手放しています。

手放された「悪意」の波動は、放出した本人へと帰って行きます。
これは大いなる宇宙の原理原則です。

手放しましょう。
それが唯一できる報復のカタチです。

本日も最期まで読んで頂きまして、ありがとうございました。
ブログランキングに参加していますので、
ワンクリックして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 鑑定へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

最新記事 by akari (全て見る)

-スピリチュアル
-,

Copyright© スピリチュアル霊視 『灯かりの扉』 , 2018 All Rights Reserved.