スピリチュアル ブログ

スピリチュアル 思考を停止させることのすすめ

投稿日:

autumn

名残惜しそうな夏を横目に、
日没が確実に早くなっているのを感じます。

朝方に窓を開けた時の秋の香りが、
もの悲しさを呼び覚まします。

夏から秋に掛けて気持ちがゆっくりと沈んでいく経験は、
誰もが記憶の何処かにあるかと思います。

特別な経験がない限り、夕暮れの風に吹かれるススキを見て、
気持ちがワクワクしたり、
心が躍ったりすることはないはずで、
私達がそこに感じるものは一抹の寂しさであったり、
漠然とした不安感といった「負」の感情ではないでしょうか。

私たちは秋の夕暮れの光景が寂しいものだと学んだ訳ではなく、
無条件の「魂」の反応なのだと思っています。

前世に於ける魂の記憶の可能性もありますが、
此処にスピリチュアルは特別な人の特別なものではなく、
私たちそのものであることを痛感します。

私たちにはそれぞれ思考の違いや価値観の違い、
また経験値からの個性がありますが、
単純でそして純粋な「喜怒哀楽」に対して、
個性は影響を与えないのです。

つまりどんな性格であろうと血液型が何であろうと、
年齢が幾つであろうと、
総ての条件とは無関係に同じ感情の方向を示すはずなのです。

しかしながら、文明や文化の発達によって、
生きることがスピリチュアルである必要性がなくなっていき、
感じることよりも考えることに意識を傾けなければ、
この世知辛い社会を生き難くなっていった結果として、
スピリチュアルな繋がりを希薄化してしまったものと思います。

思考優先の日常は合理的で利便性の向上の側らで、
自分が放った言動の行方を見届けず、
傷付くことだけが上手な人間を作り出しています。

感じることは想像することであり、
自分の内に自分以外の人を見ようとする思いです。
feel

もし今よりもほんの少しだけ感じようとするならば、
あなたの隣にいる人の悲しみを知ることが出来るはずなのです。

本日も最後まで読んで頂いて、
ありがとうございました。
ブログランキングに参加していますので、
ワンクリックして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

-スピリチュアル, ブログ
-

Copyright© スピリチュアル霊視 『灯かりの扉』 , 2018 All Rights Reserved.