スピリチュアル

霊視鑑定から視えてくる「家」

投稿日:

家庭や家族の問題の霊視をすると、抱えている問題の他に視えてくる、
或る共通することに気付きます。

霊視をする際には、基本的にはご依頼者本人の他、
霊視内容に関わる方々のお写真を送って頂き、
問題となっている事柄を入り口として、
お写真の中の人を読み取らせて頂きますが、
その際に、実際に住んでおられる家の中の風景が映ることも珍しくはありません。

これまでの鑑定例からまず目に付くのは、
靴が何足も無造作に脱ぎ捨てられた玄関や、
泥が付いたままのタタキの汚れです。

家族が多かったり、小さなお子さんがいらっしゃると、
整頓するのも中々難しいのかも知れませんが、
親子喧嘩が絶えなかったり、夫婦間の口論が尽きない方の玄関は、
得てしてこの様な玄関であることが多いものです。

浴室や洗面所の汚れが目立つ家庭に於いては、
逆に家族間の会話が乏しく、お顔を合わせても挨拶すらしないといった、
殺伐とした家族関係になっていきます。

トイレの掃除が行き届いていなかったり、
ドアを開けっ放しのまま使用する習慣のある家では、
家族間の問題に止まらず、外部とのトラブルを引き起こす事が多いものです。

家というものは木造であろうと鉄筋であろうと、建てただけではただの物体に過ぎず、
そこに住む人達のスピリチュアル=「魂」が集まって、
家となる事を忘れてはいけません。

 

一般的に掃除はその家の主婦がすべきもので、
汚れているのも散らかっているのも、
その責任は主婦にあると考えられがちですが、
○○○すべきとか責任は・・・、という観点で捉えることに、
大きな問題が隠れているものです。

 

「割れ窓理論」は外部への影響だけではなく、
家族間という内部にも起こり得るものだと感じています。

■割れ窓理論とは

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B2%E3%82%8C%E7%AA%93%E7%90%86%E8%AB%96

 

ゴミが見えたら拾う。
散らかっていたら整える。

汚したら拭く。
物をあった場所に戻す。

このあたり前の行為を家族の皆が自然に出来ていれば、
家は家族にとって安心で、心地良い場所であり続けるはずなのです。

心地好い場所は心地好い人間を創造し、
心地好い人間は心地好い出来事を引き寄せます。

「家相が悪いのでは・・・」
「何か悪しき霊的障害が・・・」と安易に問題点を自分以外のせいにしようとせず、
客観的な視点で玄関や浴室、トイレを再確認してみて下さい。

家族皆が元気に出掛けていき、帰宅し安堵するような玄関でしょうか・・・。
一日の疲れを癒し、明日のエネルギーを蓄えられる様な浴室でしょうか・・・。

リビングに散在している物をあちらこちらに押し寄せながら寝転んでも、
一日の疲れは取れるはずはありませんし、
食卓の上に無造作に置いてある、
耳かきや爪切りをよそ目に食事をしても美味しいはずがありません。

そんな状態でも疲れが取れていると思っていたり、
食事が美味しいと感じるのであれば、
それは既に自律神経に問題が生じている証拠で、
家族間に障害や衝突が起こっても不思議ではありません。

私たちは無意識に様々な影響を受けながら、
間違いなく生かされいるということのひとつだと思います。

 

本日も最期まで読んで頂きまして、
ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して貰えたら嬉しいです!

にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ

にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

最新記事 by akari (全て見る)

-スピリチュアル

Copyright© スピリチュアル霊視 灯かりの扉 , 2018 All Rights Reserved.