スピリチュアル

悩みに大きさなんてない

更新日:

人の苦しみや、悩みに格差などはありません。

例えば今日の一万円がなくて、
四苦八苦している人と、
明日の百万円が作れなくて、
翻弄している人の苦しみは同じなのです。

一見すると一万円なら何とかなるだろう、
苦しむほどのことじゃないと思いがちですが、
人はそれぞれの囲いの中で生きています。

一万円と百万円の金額の差に焦点を合わせずに、
その問題を抱えている人の、
胸中を思やってみてください。
ほらね、その痛みは同じだということを感じることでしょう。

悩みの種類も同じです。

先の金銭的な悩み、病気の悩み、
人間関係の悩み、家族の悩み、仕事の悩み・・・。

人の悩みは尽きないものですが、
どの問題の方が深刻かという、
苦悩に落差も格差もありません。

仕事の悩みなら何とかなるけれど、
病気の問題は…と考える方が多く、
またそう考えることが
恰も人格者であるかのように捉える傾向がありますが、
どの問題も当事者にとっては、
その時点でどうにもならない心境だからこそ、
苦悩している訳です。

苦悩の格差付けは、
心身に障害を持たれている方が、
其々の障害の困難さを比べることと同じです。

これまでの霊視鑑定の経験から申し上げますと、
何かに悩んでいる方は、
また次の悩みを抱えてしまう傾向にあります

何故ならば、
悩みに不安という実態のない感情を伴うことで、
次の悩みを誘発するといった、
悪循環を引き起こしてしまうからです。

それは出口の見つからない迷路に、
新しい迷路を増築していく様なもので、
次の一歩を出す気力すら、
失うことになり兼ねません。

問題や状況が如何に深刻なものであっても、
いえ深刻であるからこそ、
問題を思考的に置き変えてみることで、
意外に解決策が見えてきたりします。

考えることよりも、
感じることの方が賢明であることを、
常日頃からお伝えしていますが、
負の感情で押し潰されそうなときには、
どうぞ悩まずに、現状を紐解いて考えましょう。

まるで他人ごとに様に、
客観的に思考することは、
溺れる自分を救う、
一本のロープになるに違いありません。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

最新記事 by akari (全て見る)

-スピリチュアル

Copyright© スピリチュアル霊視 灯かりの扉 , 2018 All Rights Reserved.