スピリチュアル ブログ

心の窓が映し出すもの

投稿日:

突発的に手にした富や権力は、時として人格を変えることがありますが、
変えるというよりも本質的なスピリチュアル=「魂」が、
顕著化すると表現することの方が正しいかと思います。

money

あの人は社長に就任した途端に変わってしまった。
遺産が入った途端に変わってしまった。
宝くじを当ててから人生の坂道を転がり出した。

これらはよく耳にすることですが、
元来持っていた本質が見え出したに過ぎなく、
お金や地位が人を変える訳ではありませんので、
言い換えれば大金を持つに相応しい人間ではなく、
その地位に値する人格ではなかったということです。

これらは「得たこと」によって剥き出しになった人格ですが、
金銭的窮地に立たされたり、失脚という「失うこと」によって露わになる本質もあります。

資産や財産、地位、権力というのは、身に付けている衣服のようなものです。

私たちは初めて会った人を、第一印象の約7割で決定付けてしまうそうですが、
第一印象というのは、姿形に服飾、表情などの外見的要素が強く、
総体的に捉えるシルエットの様なものです。

image

つまり私たちは多かれ少なかれ、外見的な要素で相手を判断しているということになります。

その第一印象があまり芳しくなかったのに、
名刺を頂戴して、○○会社(株)代表取締役…、
という肩書を目にした途端に、横柄な態度は格式の高さや、
冷たい視線は鋭い洞察力にすり替わり、好印象へと変わってしまうということは、
誰にも経験があるのではないでしょうか。

印象の変化は対象人物の意識や心情とは密接ではなく、
私たち自身の見方の変化であり、
ことの優越を判断する価値観によるものが殆どです。

人生の様々な経験や受ける影響の大小によって、
価値観や思考に変化が生じることは誰にでも起こることですし、
変化そのものが良し悪しの基準にはなりません。

Heart feel

問題となるのは相手を見る時の「心の窓」です。

Lamborghini

高級ブランドに身を包んだスマートな物腰、
名刺の横文字の肩書や馴染みのないエンブレムの車、
文字盤がダイヤの輝きで見えない時計、
こういった非日常に接した時に、
果たして心の窓は何を映しだすのでしょうか。

高級品に目が眩むことなく、
物質の物陰に潜んでいる真我の見える、
スピリチュアル”魂”の心の窓を持ちたいものです。

「ボロは着てても心は錦」は、
既に死語になりつつある諺ですが、
感情的に共鳴した長き時代を経て思うます。

ボロを着ていながら心を錦にできるくらいの真我があれば、
やがてボロを着る必要のない現実が訪れます。

脳科学が進歩している今日では、
ボロをまとう…、又はまとわざるを得ない自分を日常的に見ることは、
割れ窓理論」と同様の原理によって、
錦とは程遠い結果が生まれる可能性の高さを感じますが、
肉眼で見る自分と理想とする自分とのギャップを埋められるのは、
瞼を閉じた時に映し出される心の窓です。

本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。
ブログランキングに参加していますので、
ワンクリックして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

最新記事 by akari (全て見る)

-スピリチュアル, ブログ
-,

Copyright© スピリチュアル霊視 『灯かりの扉』 , 2018 All Rights Reserved.