ブログ 霊視鑑定について

霊視 ご依頼者様との繋がり

更新日:

 

spiral

どう視えているのですか?
視えるってどんな感じなのですか?

様々な方々から、よくこういったご質問を受けるのですが、
”それ” を、上手く説明するのは、
正直、今でも難しい。

誰もがきっとそうだと思うのですが、
過去の経験を思い出す時、
色々と光景が脳裏を過っていったり、
その時の感情が甦ってきたりするに違いありませんが、
自分が経験していないことなのに、
まるで過去の思い出の様に、
脳裏をかすめていくという表現が最も近いと思います。

光景や場面は連動しているとは限らずに、
むしろしていないこと方が殆どで、
その一瞬がフラッシュしてきたり、
様々な感情が込み上げてきたり、
時には匂いを感じることもあります。

対面鑑定以外では、
お写真を通して霊視をさせて頂きますが、
皆さんが同じ様に見える訳ではなく、
スウッと引き込まれるように入っていくことが出来る人もあれば、
厚い壁(膜)に遮られ、
無線塔の周りを回るように、
壁伝いにグルグルと回っては、
突破口を探し続けることあります。

お申し込みを頂いた際にお伝えしているのですが、
こうしてネット上でサイトを立ち上げた当初は、
私自身の能力を分かって頂く為に、
鑑定内容すらもお聞きしないで霊視をしていました。

それはとても時間を要することでしたし、
私自身の強い疲弊感に繋がりましたが、
実際に体験した方々からの、
沢山のコメントやご紹介を頂くまではと、
写真の向こう側にいらっしゃる方と、
長い間睨めっこを続けたものです。

当時を思い出すと、
お一人を霊視させて頂きながら、
メールの為の活字に起こす作業に、
半日以上を費やしていたかもしれません。

お陰様をもって、その方々の嬉しいご感想やご紹介により、
日々霊視鑑定のお申し込みが増えてき、
時間的にも体力的にも困難になったために、
鑑定の内容と現状に関して、
予めお知らせ頂くようになりました。

それが「霊視の入り口」と呼んでいますが、
前述の霊視を進めていく突破口にっていく訳です。

そうして霊視鑑定をさせて頂き続けて、
もう既に十一年が過ぎてしまいました。

これまで数多くの方々の、
人生の一部に関わらせて頂いてきて、
沢山のご感想も頂戴してきました。

review

勿論、お礼だけではなく、
「当たってません」のただ一言だけも、忘れられない感想ですし、
ご依頼者の仰っている現状の影すら視えなくて、
苦悩からの解放のお手伝いが出来ないことから、
返金の旨、謝罪のメールを差し上げたこともありました。

どの鑑定も同じことはひとつとしてなく、
霊視を通して人の幸不幸を考えさせられることばかりです。

有り難いことにお礼のメールも数多く頂戴し、
今日も先程読ませて頂きました。

「本当に視えているんだと驚きました…」
から始まったそのメールを読ませて頂きながら、
この十一年という月日の鑑定の中で、
初めて感じたことがありました。

私自身の物理的な理由で、
「霊視の入り口」という、
簡単な現状や鑑定内容をお知らせ頂いていたのですが、
知らせて下さるご依頼者様の、
私を信頼してくださる…、
信頼したいと思ってくださるお気持ちこそが、
何よりの突破口ではなかったのかということです。

霊視鑑定士なのだから視えて当り前で、
お引き受けしたからには、
其処から先は私の問題だと思ってきましたが、
決してそうではなく、
信頼をしたいと思って下さっているお気持ちが、
綴られた文章の中に存在し、
より深い霊視が出来ていたことに、
初めて氣付いたのでした。

こんなに長く携わらせて頂きながら、
何で今まで氣付かなかったのだろうと凹みつつ、
霊視は私自身の成長のステージでもあるのだと、
居住まいを正した次第です。

十一年の長きに渡って継続できたのは、
灯かりの扉」との縁を繋いでくれた多くの方々と、
因果があったからに他成りません。

また自身が開業した店舗とスタッフとの関係性も、
不本意な結果に胸を痛めて来ましたが、
時の流れが過去から未来へ流れているのではなく、
未来から現在を通って過去に流れているとするならば、
霊視鑑定士として人生を全うするが為に、
総ては起こったのだと考えられ、
人の裏切も理不尽にも感謝なのだと思えるようになりました。

天台宗開祖の天台智顗(ちぎ)の唱えた「一念三千」の会得には程遠く、
*「一念三千」に関して、私自身は、苫米地英人氏の解説がとても分かり易いと感じています。
過去に未練を残しながら、
一喜一憂してる自分ではあるけれど、
少しだけ…、
ほんの少しだけ人様のお役に立てることもある、
この還暦の自分を愛したいと思います。

そしてこれからも幾多の因果で繋がれた、
ご依頼者様に向き合わせて頂きながら、
私自身が決めた未来を確かめたいと思うのです。

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
ブログランキングに参加していますので、ワンクリックして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

-ブログ, 霊視鑑定について
-

Copyright© スピリチュアル霊視 『灯かりの扉』 , 2019 All Rights Reserved.