スピリチュアル ブログ

ひとまず心落ち着かせて

投稿日:

First storm of spring

東京では春一番が吹いたと、
パステルカラーのコートの若い気象予報士の女性が、
気象庁の発表を伝えています。

いよいよ春めいてきたと、
遠洋漁業から半年振りに帰ってくる恋人を待つ思いで、
軽いステップを踏んで浮足立っていたら、
非情に寒いっ!

薄っすらと雲がかかってはいるものの、
ベランダのアイビーを照らす日差しは、
穏やかな暖かさを感じさせるのに、
部屋の中は一か月前とさほど変わっていない。

これだけは新しそうだと思っていたエアコンの前に立っては、
手を上げたり覗き込んだりしながら緩い風を感じ、
何度なの!?
リモコン??
随分と前から温度設定など気にも留めていなく、
この部屋で起こる総てのことは自分の責任下にあることも、
十分に理解しながらも、
誰かの…、何かのせいにしたいのです。

っもう!! …とリモコンを掌で数回叩いてみる。

昭和生まれの性なのだろうか、
上手く作動しないものを限りなく損傷を与えない程度で、
パンパンしてみたりする習性があります。

当然、状態は何も変化せず、
こんなことにすら、
思い通りにはいかない、
人生を大袈裟に感じてしまう昨今です。

60年も生きて来たのだから、
この気候には気を付けろ!
期待しちゃダメだ!
筋肉が緩みかけた頃に、
寒さがぶり返すはずなのだと、
むしろ身構えていたら、
ここまでの苛立ちを覚えなくて済んだだろうに。

学習はまったく生かされず、
季節のいたずらに右往左往してしまう自分を、
通りすがりの鏡越しに眺めて、
「容姿は歳相応なのに…」と、
更なる落胆の追い討ちです。

レッグウォーマーを履いて、
ブランケットに身を包み、
渋々霊視に集中しようとして、
ふと窓の外をみると、
なんと雪です。

西からの風に追いかけられる様に、
雪が上へ下へと舞い上がっています。

これじゃ、しょうがない。

新しそうに見えるだけのエアコンも、
私の幼稚さも、
全部ひっくるめて妙に納得して、
心の穏やかさを取り戻します。

精神の安定のためには、
ことの真実や信憑性は問題ではなく、
「そうかもしれない」
「そうなのだろう」
そのくらいの着地地点があれば良いのです。

この寒さは、
見た目は新しいエアコンのせいじゃなく、
ましてや単純で学習能力が足りない、
私のせいでもなく、
そう雪のせいなのです。

雪のせいにすると、
じゃ仕方がないよねってことになり、
ネガティブ要因は、
一瞬にして吹き飛んでしまいます。

精神の安定へリセットする為に、
突発的な嬉しいことでも起これば、
それを切っ掛けにすることが出来ますが、
ほぼほゞ起こらない。(笑)

Fortune-telling

そんな時、
関係性なんて全く無視して、
天気のせいでもいいし、
朝のTV番組での誕生日月占いで、
「ガッカリス」だったからとか、
出掛ける時に左足から玄関を出たからとか、

特定の誰かを設定しない、
「しょうがないか…」を自ら作り出すことで、

洋服の埃をポンポンと叩き落とすような、
リセットの作用が働くと思います。

またまた一か月ぶりの更新でした。

自責の念に襲われ、
心が折れそうそうなので、
眼鏡が合わなくなってきているせいにしようと思います。

今日も最期まで読んでくださって、ありがとうございました。
ブログランキングに参加していますので、
ワンクリックして頂ければ幸いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

-スピリチュアル, ブログ
-,

Copyright© スピリチュアル霊視 『灯かりの扉』 , 2019 All Rights Reserved.