ブログ スピリチュアルとの関係

スピリチュアル「魂」とは

投稿日:

SUPIRITYUARU

「魂」って、どこにあるの?
「心」って?

「魂」=「心」ではありません。

「魂」を表現するのは難しいのですが、
自分を創造している核というのが適切かもしれません。

私達の心は日々の出来事に振り回され、
思考と感情の影響によって、日々変化しています。

どんな風に変えてしまうのかを決定付ける舵が「魂」です。

同じ出来事でも其々に反応が違うのは、
過去経験による思考の有り方もさることながら、
最終的な決定をする「魂」の違いです。

「魂」のほぼ9割は、この世に生れ落ちてきた時に決まっています。
それが前世から引き継がれてきた、
自分では認識できない過去からの自分です。

残りの1割が、現世に於いて培われていく部分だと考えています。

「それじゃ、生まれた時から決まってしまっているんじゃない」

「前世の自分なんて、私のせいじゃないし、どうすればいいのよ」

…と思いがちですが、
ここが最も人生に於いて大切なことで、
自分を創造するたった1割の部分で、
私たちはこの現世でどれだれの「徳」を積み、
何を感じ、どう行動するのかによって、
気付きを得た後の人生と来世が決まってしまうのです。

つまり現世の1割が来世の9割を創造するということです。

前世の自分がどうであろうと、
どんな魂を引き継いで来ようと、
開き直らず腐らずに小さな徳を重ねていくことこそ、
私たちが過去に決めたはずの、
この現世で生きることの意味なのではないかと思います。

「魂」は驚くほどに、従順で素直です。
私達がどんなに上手な言い訳を用意したところで、
その行いに対する思いや感情をストレートに受け入れてしまいます。

どんな行いなのかよりも、どんな思いによる行いなのかが大事なのです。

司法の元に於いては一概に言い切れないデリケートな範囲ですが、
その司法にも情状酌量があるのは、
裁かれるのも裁くのも人であるからではないでしょうか。

「嘘も方便」という仏教語の諺がありますが、
嘘を付くことは大罪であっても、
自私利私欲の為ではなく、
自分以外の何かを守るという想いによる嘘を責められないという、
行ないそのものではなく真の想いの重要性を説いています。

「魂」を磨く日々の思いや行いは難しそうに感じますが、
越えようとしない時には、その壁は高く聳え立ち、
気付きを得て越える覚悟をした瞬間、
まるで壁が自らその身丈を縮めるかの如く低いものです。

何故ならばその壁は実際にはあらず、
私たちの甘えや邪悪な気持ちが創り出した、
虚像にすぎないからです。

スピリチュアルとは見えない世界のことでも、
特別な人たちの、特別なこと等ではなく、
私たち「人」そのものなのです。

本日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。
ブログランキングに参加していますので、

ワンクリックして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

-ブログ, スピリチュアルとの関係
-

Copyright© スピリチュアル霊視 『灯かりの扉』 , 2018 All Rights Reserved.