スピリチュアル ブログ

新年、明けましておめでとうございます/人生のページ

投稿日:

sunrise

一年を無事に過ごさせて頂き、
またこうして皆様方に新年のご挨拶が出来ますことを、
心から感謝申し上げます。

年末に書棚を掃除していて、ふと国語辞典を手にとってみた。
いつ頃に買ったものか忘れてしまったけれど、かなり古いことは間違いがない。

随分と手にしていなかった辞書にはうっすらと埃が被り、
表紙は色褪せていて言い知れない罪悪感に苛まれる。

調べたいことがあれば言語に拘わらず、
ネットで検索すれば、あっという間に、知りたいものが現れる。

デスクの場所に行くことにすら億劫な時には、
携帯を開いてググれば其れで済んでしまう。
そんな月日をどれだけ過ごしてきただろうか…。

PCが無かった時代、何かを調べようとして辞書のページをめくっては、
フムフムと見入ってしまい、
目的にたどり着くまでに、随分と寄り道をしたものです。
その寄り道が結構楽しく、驚きや発見が沢山あったのを、
脳が記憶しているだけではなく、
情動を伴って魂が覚えています。

今は僅か数秒で目的にたどり着き、
とても便利にはなったけれど、
寄り道の楽しさや感激を捨ててしまったのだと、
パンパンと埃をはらいながら、久し振りにページを開いてみました。

何を調べるでもなく、パラパラとページをめくっていると、
何だか人の人生に似ているような気がしてきいます。

ネット検索で一気にたどり着くのも、
重たい辞書を手に余しながら、
何故か声に出しては、あいうえ…、おっと、
と張り付いたページを、一枚一枚剥がすようにめくるのも、
同じ人生の歩み方なのだろう…。

目的に早く着こうとすれば、そこにたどり着くまでのことは、
殆ど記憶に残りはしないし、その必要性すら感じない…。

でも私たちは、いつの日か誰もが、
思い出という人生の足跡を振り返り眺めながら、
時を過ごす「人生の季節」に出会うのです。

ほんの少し寄り道をしても、
そこで見た光景や出会った人との様々な思い出は、
自身が生きてきた証です。

名前の知らない方との何気ない会話が、
ずっと心の中に生き続けることだってあるし、
ゆきずりの恋に胸を痛めることも、
沢山の感情を伴う経験が、
人生の彩に繋がっていくのだと思います。

少しくらい遠回りをしても、
道に迷い寄り道をしても、
記憶に残る時間がいっぱいあった方が、
必ずやって来る「その季節」を、
豊かな気持ちで過ごせるのではないかと思うのです。

人生のページ数は生きた年月ではなく、
感動と発見によって埋め尽くされるに違いないからです。

この新しい年の始まりに、一度振り返ってみてください。
あなたは、いま何ページ目を生きていますか…。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
ブログランキングに参加しておりますので、
ワンクリックして頂ければ幸いです。


霊視ランキング

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

-スピリチュアル, ブログ
-

Copyright© スピリチュアル霊視 『灯かりの扉』 , 2020 All Rights Reserved.