霊視鑑定結果のご感想

霊視鑑定結果のご感想 過ち

投稿日:

■ 何方かの特定がされないよう特定の固有名詞だけを隠し、
メールの全文を記載しています。

霊視鑑定ありがとうございました。

夫はこの世にはもういません。
それでも一つ一つ丁寧に霊視鑑定をしていただけたことは、
メールから伝わってまいりました。
これからも頑張ってください。

私がHPを立ち上げて霊視鑑定を始め直ぐの、
今から十年程前のご依頼者からの霊視鑑定の感想です。

HPをリニューアルし、この十年目の節目に、
今一度この場所に戻ってみようと思い、
「鑑定結果のご感想」の一番初めにこの感想を選びました。

私はこの霊視に関して、決してやってはならなかった大きな過ちを犯してしまいました。

「鑑定案内」にも記載していますが、当時は現状も鑑定内容に関しての、
殆どの情報のない中で霊視をしていました。

鑑定項目が「夫のこと」でとだけ記入されている鑑定でしたが、
彼女の写真を見た時に「悲しみ・辛さ」の念を直ぐに感じました。

精神的な繋がりを感じるものの、肉体の距離を強く感じ、
その念の原因を、私の思考が安易にご主人の浮気だと決めつけてしまったのです。

彼女の「悲しみ・辛さ」の念の原因に関して、
もっと深く掘り下げて霊視していくべきだったのです。

肉体の距離に関して仮説を立てずに、腑に落ちるところまで進めていくべきだったのです。

霊視時と通常時の脳の中は、紙一重の所で行ったり来たりしています。
(・・・と感じます)

霊視によって感じたり視えたりする事は、必ずしも現在のご本人の苦悩と一致しているとは限らず、フラッシュするパーツを組み立てていくのは、間違い無く思考です。

その組み立ての間違いは過去にも時折あります。
しかし今回の過ちは、その組み立てにあるのではなく、
私の霊視鑑定に対する「慣れ」そのものだと、深く反省をしました。

又、ご依頼者には二重に深い悲しい思いをさせてしまったことを、
心から申し訳なく思っています。

この感想を敢えて載せましたのは、自分自身への戒めと、
私を信頼して下さる方々に正直でありたいと願ったからでございます。

ブログランキングに参加しています。
応援して貰えたら嬉しいです!

にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

最新記事 by akari (全て見る)

-霊視鑑定結果のご感想

Copyright© スピリチュアル霊視 灯かりの扉 , 2018 All Rights Reserved.