霊視鑑定について

霊視鑑定との向き合い方

更新日:

霊視鑑定の捉え方に関する投稿の続編です。

大切なことを判断するのは本当に勇気がいることです。

洋服一つ買うのにも散々色を迷い、
ようやく色が決まったと思ったら、
やっぱりあっちの方がいいかな・・・、
と行ったり来たり繰り返し迷いながら、
挙句の果てには今日は止めようとといった経験が、
誰にもあるのではないでしょう。

まして今後の人生を大きく左右するであろう重大なことなら、
なおのこと迷いの迷路に落ちてしまい、
身動きが取れなくなるかも知れません。

アベノミクスによって企業収益が伸び、
この夏のボーナスは「前年対比〇〇パーセント増」となる見込みですと、
歯切れの良いアナウンサーの声が、
遥か遠くに聞こえるのは私だけではないようです。

国ぐるみのマインドコントロールを受けているのではないかと、
怪しい思考回路に入り込んでしまうくらいに、
一般庶民の現実との食い違いを感じるのは、
霊視鑑定の依頼内容が転職や正規雇といったお仕事に関する依頼が、
未だに恋愛を含む人間関係に劣らないからです。

ご依頼者にとって転職をする勇気も、現状に留まる勇気も、
同じくらいの不安を伴うことで、
考えれば考える程に選択判断が出来ない状態に違いありません。

ご依頼者のお写真から仕事という霊視の入口を使って集中していきますが、
視えてくることが仕事に関連したものとは限らず、
様々な光景や感情、波動、想念といったものが無造作に現れてきます。

knngaeruhito

バラバラのパーツの中から鑑定内容に関与するものを組み立てながら、
「何」「何故」を読み解いていくというのが、
私の脳の中で起こっている霊視のカタチです。

鑑定内容が仕事であっても、その苦悩や問題に隠された背景が、
最も重要な要因であったりすることも多く、
お引き受けした鑑定内容を超える霊視をしているのが実情ですが、
霊視のご報告は出来るだけご依頼の内容に沿って申し上げますので、
視えてきたことの総てをお話しする訳ではありません。

ネガティブな事柄を一切の脚色を加えず、
しかもご依頼者が前向きに受け入れられる様に、
愛情を持って言葉を選んでいるつもりですが、
語彙力の未熟さから誤解を受けることもあり決して容易なことではありません。

結果(現象)には必ず原因があると常々申し上げていますが、
原因も一つとは限らず幾つかのことが複雑に絡み合い、
その骨格すら読み解くことが困難なことも幾度も経験しています。

多くの方々の苦悩や問題から解放されるお手伝いに、
霊視によって関わらせて頂いてきましたが、
霊視は完全なものではないという無力さも同時に味わっています。

どんな霊視鑑定士と出会うかはもちろん大事な要素ですが、
もっとも重要なことは、
霊視は既に決まっているあなたの未来を視るのではなく、
あなたがどんな人生を送りたいのかのために、
必用なもの必要でないものを読み解き、
人生という航海へ漕ぎ出す指針となるものです。

意思決定するのも、船を漕ぐのもあなた自身なのです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
応援して貰えたら嬉しいです!

にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

akari

ご相談者にとって幸福ファーストの「霊視」を心掛け、お心に添わせて頂く鑑定をさせて頂いています。スピリチャル(魂)とは決して特別なことではなく、私たちが生きていることそのものです。生きているからこその苦悩や不安から、少しでも解放されるためのお手伝いを致します。

最新記事 by akari (全て見る)

-霊視鑑定について

Copyright© スピリチュアル霊視 『灯かりの扉』 , 2018 All Rights Reserved.