ブログ

見えないものの存在

更新日:

世界の優れた科学者は、
「科学を追究していくと、神の存在を認めざる得ない」
そう言っているといいます。

「神」というのは、宗教的な意味合いではなく、
大いなる力という感覚的なものであって、
科学では証明し切れないものの存在
という解釈の方が適切ではないかと思います。

見えないもの(一般的には)には、
大いなる力ばかりではなく、
人間であるからこその、
愚かであさましいエネルギーの塊があります。

肉体を離れた「魂」は、
あるべき場所にいなければならないのですが、
現世に多くの未練や、恨みを残した「魂」は、
「情念」という負のエネルギーに包まれ、
自らを雁字搦めにしてしまう地縛霊とかして、
念の重い場所に浮遊しているのも事実かと思います。

肉体を伴っていない「霊魂」は、
現世で生きている私達に、
何かしらの感情や想いを伝えたくて、
時に様々なアクションを起こしてもきますが、
そのほとんどは「霊魂」の悲しみや寂しさを、
なだめ戒めることで、
しかるべき場所へ帰って行きます。

勿論、確かな力を持った方に、
十分な除霊をして頂かないと、
身体の危険さえある、
邪悪な「霊魂」もあります。

自身に起こることが、
そういったものの影響ではないかといった、
霊視鑑定のご依頼も多くありますが、
実際にはこの十年の間に感じられたものは、
わずか数件だったように記憶しています。

見えないもののせいにする前に、
まずは自身を顧みる・・・、
それからですね。

日頃の私の口癖は、
霊魂よりも、生きてる人間の方が恐ろしい。(笑)

なだめれば付けあがり、放っておけばすねるし、
罵倒をあびせたり、暴力を振るったりと…。
何ともオゾマシイ限りですね。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

-ブログ

Copyright© あなたを幸せにする魂のこと , 2018 All Rights Reserved.